おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

大変だったあの頃は、熱中しているものがあったという話

こんにちは、おりです。

約一年前にうつ病と診断され、退職を経験しました。

 

正直、うつって私自身よくわからないんですよね。

確かに、毎日うまく眠れないし、食欲が全くないと思いきやドカ食いしたり、訳も分からず不安で涙が止まらなくなったりしていたので、普通ではない状態だったのだと思います。

ですが、自分としては普通に仕事もしたいし、友達や家族と笑顔で遊びたい、そんな気持ちがあったんです。

普段だったら思ったことはすぐに行動できますよね?私の場合、それが急にできなくなってしまった感じでした。

 

うつは甘え。そんな風潮まだまだ強いと思います。

うつ病にかかる人は皆さんが思っているよりも多いです。今は他人事だと思っていても、もしかすると生きているうちにうつ病を経験するかもしれません。

 

ふと、思い出したんです。私が高校生くらいのとき、わりとクラスから浮いてて、学校を休みがちだったことを。それでも今みたいに深く落ち込んだり、不安になって泣いてしまうこともなくて、実に健康的に過ごしていました。なぜなんでしょうか。

 

 

好きなものが多かった

高校生の頃の私は、好きなアーティストや漫画、映画などがたくさんありました。

たとえクラスで落ち込むようなことがあっても、自室で好きなものに触れていれば嫌なことをすぐに忘れられました。

 

現在私はミニマリストという人々に強いあこがれを持っています。

ものを極限まで減らして生活の効率化を図る人たちですね。

昔からものは少なめで、不要なものは割とすぐに捨てられるタイプの私でしたが、ミニマリストの部屋や考え方に惹かれ、さらにものを捨てていくようになりました。

 

ちょうどスマホに変更した頃でしたから、もうこれでいいやってなってしまったんですよね。

それに加え、自分用のノートパソコンも購入。大学に進学し、一人暮らしも始めました。

 

念願の自分の城には趣味のものはほとんど置かず、ほとんどの時間を大学かバイトして過ごすようになっていきました。

当時は初めてのバイトや大学生活に慣れるのに必死でしたから、特に問題はなかったと思います。

そこから2~3年してからですね、大学4年生になった頃から家にいる機会が増えました。残りの単位数も減り、授業が少なかったので大学にはほとんど行かず。バイトにもすっかり慣れてしまったため、ほとんどボーっと仕事をしていました。

そしてストレスの多い就活。一人暮らし、家族ともあまり会ったり連絡を取らないし、友達も就活で忙しい。私には話し相手がいなかった。

 

高校生のときはこれでもよかったんです。

好きなものに囲まれていましたから。何かに集中していると、不安なこととか案外どうでもよくなったりするんです。

好きなものがなくなったらどうなるか。不安だったり落ち込んでいることがずっと頭のなかを巡るんです。話し相手もいなければそのモヤモヤは心に残り続けます。

だったら好きなものに熱中すればいいじゃない、そうお思いだと思います。

当時の私はもう好きなものには興味がなくなってしまっていました。典型的なうつ病の症状ですね。

何かをしたくても、不安に身体を支配されて動けなくなってしまう感じです。

そこまでいってしまうと、身体を休めるくらいしかできることはありませんでした。

 

 

居場所がたくさんあった

好きなものというくくりに少し似ていますが、自分の所属するグループを複数持つというのはかなり重要なのではないかと思います。

高校生の頃は実家にいましたから、学校で嫌なことがあったときでも家族に少し愚痴れば気分はスッキリしていました。学校以外にも家族というグループを持つということですね。

大学生になってから私はバイトとサークル活動を始めました。大学では学科での友人、授業ごとの友人など、多くのグループに居場所を感じていました。

どこかのグループで問題があっても、私にはこっちのグループもあるから大丈夫。そんな自信もありました。

うつ病気味になってからは、なんとなく人間関係が面倒に感じるようになりました。人と関わるのが怖い、そんな感じです。

今は大学を卒業して、一応社会人なので、ほとんど会社が自分の所属するグループになります。でもこれだと、会社で嫌なことがあったとき、逃げ場がありません。

今はまだそんな元気はありませんが、社会人サークルなど、会社以外の仲間を見つけてみるのも楽しそうだなと思います。

 

 

まとめ

①好きなものを見つける ②居場所を増やす

この2つが充実している人ってなかなかうつ病にはならなそうだなと思いました。

元気だったころは意識しなくともこの2つができていたのですが、いつの間にかなくなっていました。

 

以上、うつ病を発症して、少し休んで元気になった今だから伝えられることでした。

どんな立場のかたも、この2つを意識出来たらもっとよい人生が送れそうですよね。

私も毎日意識できるようがんばって参ります!