おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

苦手だった自炊にハマっている理由

こんにちは!

私の住んでいる地域ではもう桜がだいぶ咲いています。

 

一人暮らしを始めてからすでに4年目なのですが、数多くの家事のなかで一番苦手だったのが、料理です。

だったのですが……近頃がんばって自炊を続けています。

自炊が苦手な方、始めたいけどどうすればいいのかわからない方は是非参考にしてください。

 

 

残った食材は冷凍しちゃえばOK

私が自炊をするうえで一番困っていたのが、余った食材の処理でした。

一人暮らしだと、1回で作った料理でもだいたい余らせてしまいます。

当時の私は、余った食材を冷蔵庫に放置したまま腐らせてしまったり、無理やり食べきって体重が激増したり、いいことはありませんでした……。その結果、当たり前のように自炊から離れていきました。

 

ふと、母や友人に話を聞いたところ、皆さん食材は冷凍していることが判明…!

それまでは、食材の冷凍ってなんだか難しそうだし、面倒くさい…そう思っていました。だけど、やってみればとっても簡単でした。基本的に冷凍庫と食材を入れるフリーザーバックがあれば何でも冷凍保存ができます。冷蔵庫だと1週間も持たないような食材も、なんと1か月の保存が可能!これは食材を無駄にするほうが難しいですね。

冷凍してしまえば、夜遅くに帰宅した日でも、レンジで温めればすぐに食べられるので便利です。冷凍する前に食材を切ったり、調理するのは週末にまとめてやってしまって、平日は作り置きを食べていくスタイルが効率的だと思います。

 

 

食費がかなり抑えられた

自炊をする前はスーパーの総菜やコンビニ弁当、ファミレスなどで済ませることが多かったです。一人分とはいえ、積み重なると結構な出費です。自炊にすると費用が抑えられるので、週末の作り置きタイムにさえ慣れてしまえば、自炊のほうがいいと思いました。

 

 

身体の調子がよくなった

ひとり暮らしを始めてから、なんとなく体調の悪い日が続いていました。きっと栄養バランスが悪かったのだと思います。コンビニや外食だといつのまにか高カロリーだったり、野菜が摂り辛かったりしたので、当然ですね。自炊をしていると、買い物をするときに食材をよく見て買うので栄養バランスも調整しやすいし、料理を作っているときにも、砂糖や塩の量を意識出来るので健康的です。

 

 

まとめ

自炊はなんとなくハードルが高いと感じていましたが、冷凍して作り置きをすることを学んでしまえば、案外続けられることがわかりました。そして、自炊をすることで食費が浮いて健康になったのでこれからも続けていこうと思います。