おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

運動するとご飯がおいしい。ぐっすり寝れる。

食事、睡眠、運動の3つが整うと人生が豊かになると思います。今回は運動について。

 

私は特別なにか運動をやっていた経験があったわけではなく、学生時代の体育の授業もあまり好きではありませんでした。でもそれって、周りに合わせて運動するのがきつかっただけなんですよね。今はもう自分のペースで好きなように運動ができるはず。

 

とりあえず、外に出てみる

運動って何をしたらいいんでしょう?運動経験のない私にはよくわからなかったので、とりあえず近所を散歩することから始めました。うつで休職中のとき、少し調子がいいと外に出て日光浴がてら歩いていました。

 

運動は文字通り身体を動かすことです。お休みの日に何もすることがないのなら、少しだけ外に出て歩き回ってみましょう。行ったことのない場所を散歩するのも、脳への刺激になるみたいで結構楽しいです。まずは、「家から出てみる」それだけでOKです。

 

階段があれば階段を使おう

デパートや駅なんかに行くと、エスカレーターやエレベーターを使いたくなってしまいますよね。でも、その時間を階段に使うだけで結構いい運動になることがわかりました。登り階段を使うと脚の筋肉をよく使います。下半身には大きな筋肉があるので、毎日動かして鍛えてあげましょう。エスカレーターに使ってた時間を全部階段にすると、かなりの運動量になるのではないかと思います。

 

仕事のときはやりやすいです。毎日通勤する駅の階段や、会社の階段。決まっているからこそ毎日決まった運動時間が取れていいですね。私も平日は毎日、会社ではエレベーターは使わずに階段を使っています。最初は息切れしていたのが、だんだん息切れしなくなり、軽やかに階段を上っています。エレベーターとかエスカレーターって場合によっては時間がかかります。自分の脚で階段を上ったほうが事故もなく安全だし、地震など非常の際も階段なら安心ですし、階段を使って避難するときも慣れていれば慌てずに済みますね。

 

家では筋トレに励んでみる

筋トレは自分一人で黙々と取り組めるので、私は好きです。例えば嫌なことがあったとき、身体を動かしてみると気が散るのでいいです。ウォーキングだと歩きながら考えてしまうし、階段を上っているときも考えごとが可能だな…そう思ったときにいいのが、筋トレです。筋トレは筋肉に負荷をかけるので身体はすごくきついです。きつい状態だと必死になっているので、おそらく何も考えられません。嫌なことがあったら、ひたすらスクワット。美脚と美尻が手に入って一石二鳥です。

 

運動するとお腹が空くし、眠くなる

久しぶりに運動を始めると筋肉痛がひどくて挫折しそうになります。でも、身体を動かすと空腹になるし、疲労から眠気もやってきます。マイナスなようで、これってすごく健康的なことですよ。うつ病を患っていた身からすると、空腹や眠気を感じるってすごいことなんです。

 

心の疲れと、身体の疲れ、この2つのバランスが悪いと身体がうまく機能しなくなっちゃうみたいです。ほとんどの人は心が疲れていると思うので、もっと身体を動かすべきだと思います。

 

身体を動かす趣味があればもっといいと思う

趣味でスポーツに取り組んでいる人って若々しくって素敵です。仲間も増えますし、いいことだらけですよね。私は過去に少しだけ運動部に所属していたことがありましたが、チーム団結力が一番のスポーツだったので、ひとりが好きな私にはあまり向いていませんでした。

 

ひとりでも続けられる運動って何だろうと考えた結果、上のほうで述べた筋トレなどになったのですが……登山なんかは一人や少人数でもできるのでいいのではないかと思いました。まだ実行はできていませんが、いずれ挑戦してみようと思います。