おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

やっぱり食事、睡眠、運動

うつ病を患ってから、食事、睡眠、運動の大切さを実感いたしました。

 

うつ真っ只中だとそんなことを意識することすら難しかったのですが、なんだか最近調子がいいので、あらためて意識してみました。

 

 

 

食べる量は減らした

今月は個人的に砂糖断ち強化月間を実施中です。

甘いものを減らした結果、全体的に食べる量が減ったので、食事の量についても考えるようになりました。

 

腹八分目が健康にいいとは聞きますが、美味しいものを前にするとつい食べ過ぎてしまいますよね。

ですが私の場合、砂糖を思い切って断った結果、食欲のコントロールができるようになってきました。

 

食事の量が今までより少なくなると、太りすぎることもないし、寝付きも良くなった気がします。

 

 

 

睡眠は適切な量で

過去にあまり睡眠を取っていなかった時期がありました。その時期は朝の目覚めの瞬間から最悪で、日中に睡魔と戦いつつ頭はボーっとしながら過ごしていました。

 

逆にうつ病になってからは過眠気味になってしまい、こちらも目覚めてからボーっとしてしまう有様でした。

 

 

今はまったく違います。

日中に仕事などをして活動しているので、夜になると自然に眠気がやってきてスッと眠りにつけます。朝はアラームより数分早く起きることがよくありますが、目覚めがいいので、睡眠時間が足りている証拠だと思っています。

 

睡眠時間は短くても長くても良くないものです。人それぞれ適切な睡眠時間は違うでしょうから、自分に合った睡眠時間を探してみるといいかもしれませんね。

 

私自身、眠れないつらさも眠りすぎるつらさも分かるからこそ、睡眠って一番改善していくのが難しいなと思います。

よい睡眠を取るには、食事と運動が本当に大事です。

 

 

 

運動は日常できる範囲で増やした

運動って、嫌いです。好きだったら悩む前に動いてます。

 

時間を作って運動する気がないので、とりあえず通勤と仕事の時間を使います。


行きと帰りの駅のホームまで、エスカレーターではなく階段を利用。

周りを見ると、エスカレーター利用者の多いこと。エスカレーターは混雑しますし、階段を使った方が早く移動できますよね。

 


会社についてからは、階段を使って移動します。エレベーターがあるけれど、使いません。私の場合、他の階に用事があったりするので、1日に1階から4階を4往復くらいします。このときちょっと早めに移動するのがコツです。

 

ちょっと息切れするくらいの運動をするほうが、運動してるな~という満足感が生まれるのでいいんじゃないかな……?

 

 

 

まとめ

どれも基本的でしょうもないことですけど、基礎がきちんとしてないと将来的に身体の健康が心配です。この忙しい現代社会、普段から食事、睡眠、運動を意識して過ごしている社会人がどれだけいるでしょうか?

 

簡単なことから変えていくことで自分の変化を感じたり、少しずつ人生が変化していく気がします。