おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

きれいになりたい欲求が湧いてくるのは、コミュニケーションを取りたいから

お金がないウツ病派遣OLの、おりです。

 

しばらく自分の身なりに気を使わなかった時期が続いていましたが、ついにその時代も終わりを告げそうです。

 

 

 

とりあえず美容院いかな

最後に美容院に行った日を正確には覚えていませんが、たぶんそろそろ10か月が経過する頃です。

 

自宅でトリートメントを使うようになったので、(うつが酷かったときはシャンプーだけで精一杯)前よりは髪の毛がまとまるようにはなっているんですが……

 

やっぱり10か月も髪を伸ばしているとボサボサですよね。当時ボブスタイルだった私が、今やロング寄りのセミロングまでボーボーですよ。

 

 

とりあえず、給料がでたら美容院。これが私の美への近道です。

 

 

 

違和感しかないと思っていたカラコン。 ……つけたい。

私が高校生の頃、周りの子がカラコンをつけ始めていました。が、当時は目の病気とか感染症みたいなのが怖かったり、あの独特の色味に違和感があり苦手意識を持っていました。

 

そこから6~7年経ち、なんとなく私もカラコン付けてみてもいいかな~?なんて思い始めました。


最近は違和感のあるカラコンをしている人をあまり見かけなくなり、裸眼に近いナチュラルなカラコンが沢山あると知ったからです。

 

カラコンによって眼病続出!なんてニュースも見ないし、ちゃんと眼科で処方してくれるっぽいので、これはもう安心してもいい頃なのかなと。

 

 

あとは黒目が大きいことによる可愛さのレベルの上がり方に気付いてしまったのも、カラコンを付けたい理由の一つですね。

 

 

 

身なりを整える=相手を意識している

相手を気にしていなければ、わざわざお金を出して髪をきれいにしなくてもいいし、黒目の数ミリの違いなんて気にすることもないでしょう。

 

それでも身なりを整えてきれいでありたいということは、相手に良く思われたい気持ちの表れなのでしょうね。

 

私たちみんな、知らず知らずのうちに相手を意識して、ファッションや美容に気を使っていたんですね。

 

 

 

きれいになって自信がつけば、コミュニケーションも豊かに

私自身、うつ病だったので当たり前といえば当たり前かもしれませんが、身なりを整えられていないときは自信が持てず、人とのコミュニケーションを避けがちでした。

 

いま、綺麗になりたいという感情が湧いているということは、コミュニケーションをもっと取りたいという願望の表れでもあるのかなと思いました。

 

 

これから暖かくなって、活動的になれる季節。きれいになってオシャレをして、友人や家族に会いに行きたいです。