おりブログ

うつ病のOLが人生がんばるブログ。

鬱を治すためにお金関係を片付ける

うつ病無職から復帰後の、二度目のお給料が入りました。どーも、喜びのおりです。

 

 

鬱とお金の問題は強い繋がりがあると思うのです。

お金があれば必ずしも幸せとは限りませんが、お金がないと不幸せになる可能性は高くなります。

 

gmrhr.hatenablog.com

 

毎月収入があって、滞っている支払い等が無い場合には上記の通りだと思います。

生活費などの最低限の支払いを済ませたうえで、そのほかの使い道を本気で考えれば幸福度は増すのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、それよりもかなりキツイ段階の、最低限の支払いもままならない状態になってくると幸せとか不幸せとか、よく分からなくなってきます。

 

実はわたくし、親の援助のない一人暮らしうつ病無職で一度死にかけたのですが、もう二度とあんな思いはしたくありません

 

 

 

まずは最低限の生活ができるようにするべき

これを読んでいる方で、過去の私と同じように働けなくて収入が得られないという場合には、できるだけ早く立ち上がりましょう。

 

そこには働くという選択肢だけでなく、家族や親戚に頼ってみたり、国からの援助を求めるという道もあります。

 

 

でも、いつまでも他人に頼るのも良いものではありません。そのぶん他人の負担になっているわけですからね。

 

何はともあれ、まずは身の回りのことが最低限こなせる程度にお金を持っておくことからスタートです。

 

 

 

いままで滞っていた支払いを片付ける

家賃や光熱費、食費や交通費といったものまで問題なく支払いが可能になったのであれば、その次の段階として、滞っていた支払いを片付けましょう。

 

 

 

私の場合だと、無職期間中の国民年金保険料。

保険料を支払うと食費を削らなくてはいけない、そんな暮らしをしていたので支払いをしばらく放置していました。

 

 

今回のお給料で、未納分の支払いをすべて済ませてきました。

……本当にスッキリしました。私の鬱ポイントが下がった気がします。

 

この調子で、学生時代の国民年金も少しずつ支払っていこうと考えています。

 

 

年金以外にも、私には奨学金という名の借金もあるので、こちらも毎月の返済をしつつ、余裕が出てくれば繰り上げ返済などで早めに片付けてしまいたいです。

 

お金関係をひとつ片付けるたびに、鬱ポイントが下がって気持ちが安定しますね。やっぱり、金銭的な余裕は精神の安定にも繋がります

 

 

 

無職期間明け、まだまだ金銭的に余裕があるとは言えない状況ですが、日々コツコツとやっていけば報われるような気がしています。

 

究極にお金がない今の時期を楽しみ、ここで素晴らしい金銭感覚を身につけるのもアリだと思いませんか?

 

gmrhr.hatenablog.com

gmrhr.hatenablog.com

 

 

 

今後お金を稼げるようになっても、この数か月で感じたことは一生忘れたくありません。

 

gmrhr.hatenablog.com

 

 

とりあえず今の私にできるのは、身の周りのお金関係を整理し、日々コツコツと働いたりやりくりすること。

心が安定してきたからか、そんな日常でもとても幸せに感じています。

 

 

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ

 

人気ブログランキングへ